過去掲載分【2012年】

原口侑弁護士が当事務所に入所しました(2012/12/20)

原口侑弁護士が平成24年12月20日付で当事務所に入所致しました。ご挨拶等の詳細はおってお知らせします。
これに伴い、当事務所は弁護士3名体制となります。
今後も、各弁護士の協同により事案の精緻な分析を行い、最適な解決を図ってまいります。

 

住宅紛争処理委員実務研修(2012/12/14)

当事務所の福島直也弁護士が、平成24年12月14日(金)に福岡で開催された「平成24年度紛争処理委員実務研修」に参加しました。当日は、特別住宅紛争処理手続を中心に、「雨漏り」に関する網羅的な知識整理や、近時の判決のポイント解説がなされました。この実務研修は、毎年、資料、講演内容共に非常に充実したものです。こうした専門研修を通じて建築瑕疵紛争に関するスキルを高めてまいります。

 

年末年始の営業日のご案内(2012/12/05)

当事務所の年内の営業日は平成24年12月28日(金)まで、年明けは平成25年1月7日(月)からになります。
顧問先の皆様には別途緊急用の連絡先をお知らせ致します。

 

消費者フォーラム8周年記念集会(2012/11/28)

当事務所の福島和代弁護士が所属する佐賀消費者フォーラムが、国民生活センター理事長の野々山宏氏を講師として招待して8周年記念集会「適格消費者団体-これからの活動と課題は-」を開催しました。
当事務所は、今後も、消費者被害救済の先頭を目指してまいります。

 

労働研究会開催(2012/11/19)

当事務所にて労働法勉強会を開催しました。
弁護士のメモ帳でも触れていますが、「有期雇用・雇止め」「就業規則」の2つのテーマについてです。
前者は福島直也弁護士が担当でした。
当事務所は、あらゆる機会を通じて研鑽を積み、労働法分野についても、専門性をさらに高めてまいります。

 

経営革新等支援機関の認定を受けました(2012/11/06)

九州財務局、福岡財務支局及び九州経済産業局は、「中小企業の海外における商品の需要の開拓の促進等のための中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の一部を改正する法律」に基づく第1号の経営革新等支援機関の認定を、九州地域において219機関(全国2,102機関)認定しました(九州経済産業局HP)http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1211/121105_2.html
当法律事務所の弁護士福島直也も、経営革新等支援機関の認定を受けました。

 

経営革新等支援機関の申請を行いました(2012/10/28)

先日、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第17条第1項の規定に係る「経営革新等支援機関」の申請を行いました(認定は来月半ば以降の予定です)。
いわゆる金融円滑法の期限切れ問題が迫っていますが、これまでの再生支援業務での経験などを活かしながら、地域経済の再生に取り組んでまいります(福島直也)。

 

佐賀労働法研究会(仮称)を立ち上げました(2012/10/08)

人が働くあらゆる場面で労働法が問題となり得ますが、働くことは人の尊厳に関わることですから、労働問題は、一旦こじれると深刻な紛争になることも少なくありません。ここ佐賀でも、労働法の規律を無視する使用者が多いことに驚く一方、社外監査役の経験から、労働コストが企業にとってどれほど過酷なものであるか身に染みて感じてきました。とはいえ、労働法は対象が多岐にわたり、厚労省告示が重要な解釈指針であるなどアップツーデートに対応するのが困難な分野です。
そうした事情もあり、今般、佐賀県内の弁護士及び社会保険労務士と労働法に関する勉強会を始めることとしました。当面は、当事務所で継続的に勉強会を開き、基礎知識の充実を図っていきますが、ある程度成果が出たところで対外的に還元していきます(福島直也)。

 

日弁連人権擁護大会(佐賀大会)開催間近です (12/09/11)

平成24年10月4日(木)及び5日(金)に、佐賀市において、日本弁護士連合会主催にて第55回人権擁護大会・シンポジウムが開催されます。 佐賀県では初めての開催で、人権問題に関する各テーマについて、それぞれ充実した報告、議論などが行われます。
シンポジウムは自由にご参加いただけますので、ぜひふるってご参加ください。 
私はこの人権大会実行委員会の事務局として、現在、準備作業に参加しています。
シンポには著名人(第1シンポは姜尚中氏)の講演も予定されているので、お気軽にご来場ください。

日時)2012年10月4日(木)12時30分~18時00分
第1分科会 「どうなるどうする日本の教育~子どもたちの尊厳と学習権を確保するための教育の在り方を問う」
会場 佐賀市民会館ホール
第2分科会 「強いられた死のない社会をめざして~「自殺」をなくすために私たちができること」
会場 佐賀市文化会館大ホール
第3分科会「豊かな海をとり戻すために~沿岸域の保全・再生のための法制度を考える」
会場 佐賀市文化会館中ホール

 

事務所夏期休業 (12/08/06)

8月13日(月)~15(水)夏期休業といたします。

 

茶のしずく石鹸被害に関する訴訟提起 (12/05/19)

化粧品会社「悠香」が販売した茶のしずく石鹸の旧商品による小麦アレルギー発症につき、佐賀県内の被害者ら10人が、平成24年4月16日、悠香や製造元など3社に対して、損害賠償を求めて佐賀地裁に提訴しました。当事務所の福島和代弁護士、福島直也弁護士は、訴訟代理人としてこの訴訟を進めてまいります。


第1回消費者法研究会 (12/05/14)

5月9日(水)18時から、佐賀県弁護士会消費者問題委員会消費者法研究会(弁護士会館)で、福島直也弁護士が報告を行いました。テーマは「未公開株商法への関与を否定する株券発行会社への訴訟上の対応について」です。

 

破産・特別清算申立などの取扱実績について (12/05/13)

 

はやて通信VOL9を発行致しました。 (12/04/05)

 

65期司法修習生採用について(日程変更) (12/02/05)

 

中小企業無料弁護士相談会 (12/02/02)

経済産業省が全国各都道府県で「中小企業無料弁護士相談会」を開催します。http://www.sanka-jimukyoku.jp/

佐賀市では2月22日(木)開催となっています。

当事務所では、独自に、2月22日に「中小企業経営者のための無料法律相談」を行います(担当は福島直也弁護士)。2日前までに当事務所にご連絡ください。鳥栖事務所、佐賀事務所のいずれも可能です。ご連絡をお待ちしております。

 

第1・第3土曜日の法律相談を始めました。 (12/01/11)

 

上海ニュースター法律事務所をリンク先に加えました (12/01/07)

代表弁護士の陸偉強氏は、大学院では、福島直也弁護士と同じ研究室で学んでいました。非常に頼りになる弁護士で日系企業を中心に業績を伸ばしています。ご依頼を希望される方は当事務所までご連絡ください。